金型による製品作成について

金型で作られる製品は世の中に数多くあります。例えば自動車や精密機器、タイヤなども金型を使って作られていることをご存知でしたか?また、金型に用いられる材料の種類も様々な物があります。ゴムやプラスチック、ガラスなどを材料にして自動車や飲料ビン、家電など大型製品から小型製品まで様々な製品を作っています。他にもテレビやOA機器など幅広い分野でモノ作りのまさに要として金型は用いられています。このように金型は様々な材料を用いて需要と質の高いモノ作りを実現しています。では次に一例としてゴムを材料として金型で作ることのできる製品を見ていきましょう。

ゴム型で作られる製品

  • タイヤ
  • 自動車部品

製品作成に使われる金型の種類や材料を紹介

金型とは?

金型とはその名の通り、金属で作られた型のことです。型を作っておくことで様々な素材を加工して製品を作り出すことができるのです。例として自動車の板金部分などは金属の素材を金型に入れ、加工することによって制作されているのです。他にもパソコンの本体部分などはプラスチック素材で作られていますが、これも金型にプラスチックの素材を流し込んで制作しているのです。このように金型の用途は様々なものがあり、金属やプラスチックなど様々な材料を使って製造を行うことができます。この金型の質が製品の良しあしを決めると言っても過言ではないくらい、金型は製品形成において重要な役割を果たしていると言えます。

金型の種類

金型には様々な種類があります。例えば、自動車などの成形に使われるプレス用の金型や、テレビやOA機器などの家電を成形するプラスチック用の金型など様々です。他にもガラス用の金型で飲料のアルコールビンや照明器具などの成形も作られています。金型はそれぞれの材料の特徴を活かすことで製品の完成を実現しています。例えば、プレス用の金型で自動車を作る場合などは、抜き型や曲げ型、圧縮型などいろんな金型に分類されて使われることで材料の鋼板や非鉄金属を成形加工して製品を仕上げていくことができます。

金型の制作

金型は専門の職人と設備が揃った製作所で作られます。専門の機械はマシニング加工機やNCフライス盤など特殊な機械が必要となります。金型は様々な機械を用いて加工することで、小型の部品から大型の部品まで多種多様な製品を作ることができます。金型の製作は業者や会社などから依頼を受けて制作がスタートします。金型製作には高い精度が求められるので、加工から製造、成形までを一貫して行う専門性の高い技術が必要となります。なので完成までの全ての工程を自社工場で行える制作会社がより質の高い金型を制作することが可能になります。

機械

広告募集中